ICBA 2019

6th International Conference on Behavioral Addictions

ギャンブル・ゲーム依存研修会

ギャンブル・ゲーム依存研修会のお知らせ

日時:
2019年6月19日(水) 13:00-17:00
場所:
パシフィコ横浜会議センター 会議室301
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1
参加費:
無料(事前登録が必要です)
※ICBA2019参加者の方は事前登録なしでご参加いただけます.
主催
第6回国際行動嗜癖会議
依存症対策全国センター

国際行動嗜癖会議横浜大会では、学会参加者以外の方に、ギャンブル・ゲーム依存を中心とした行動嗜癖を理解いただくために特別な研修会を実施します。
世界をリードする研究者が、それぞれの専門分野について講演します。

研修内容

  • 行動嗜癖とは何か、その診断はどのようにするのか
  • 脳の中でどのようなことが起きているのか
  • 治療(認知行動療法、薬物治療)はどのようにするのか
  • 予防と教育はどのようにするのか

※当日は英語・日本語同時通訳が入ります

ギャンブル・ゲーム依存の予防や治療に興味のある方ならどなたでも参加可能です。
是非ご参加ください。

[ フライヤーダウンロードはこちら ]

※配布済のフライヤーの一部に、開催日の曜日が誤って「(日)」と記載されておりました。正しくは「(水)」となります。大変申し訳ございませんでした。

演者とテーマ

司会: 樋口 進, 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター

1.

「行動嗜癖とは何か、診断はどのようにするのか」
演者: ジョン サンダース教授, クイーンズランド大学、オーストラリア

「The concept and diagnosis of behavioral addiction」
Prof. John Saunders, University of Queensland, Australia

2.

「ギャンブル・ゲーム依存患者の頭の中で何が起きているか」
演者: マーク ポテンザ教授, エール大学、米国

「What is happening in the brain of a patient with behavioral addiction?」
Prof. Marc Potenza, Yale University, USA

3.

「治療はどのようにするのか(認知行動療法)」
演者: カイ ミュラー教授, マインツ大学、ドイツ

「Cognitive-behavioral therapy in the treatment of behavioral addictions - evidence from research and clinical practice」
Prof. Kai Müller, University of Mainz, Germany

4.

「治療はどのようにするのか(薬物治療)」
演者: ジョン グラント、シカゴ大学、米国

「Pharmacotherapy of behavioral addiction」
Prof. Jon Grant, University of Chicago, USA

5.

「ゲーム依存の予防と教育はどのようにするのか」
演者: ダニエル キング博士、アデレード大学、オーストラリア

「Prevention approaches to gaming disorder among adolescents」
Dr. Daniel King, University of Adelaide, Australia

参加申し込み方法

  • この研修会のみに参加の場合には、国際行動嗜癖会議横浜大会の登録は不要です。
  • この研修会専用の登録を行ってください。
  • 登録費は、お一人3,000円です。当日会場でお支払いください。

BACK TO TOP